Calendar
<< April 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

光の方へ行って下さい。

いつもお越し頂きましてありがとうございます。

父が無事、昨年の12月30日に86歳で、現世の修業を終えました。

お通夜、お葬式に来て下さった皆様には感謝の気持ちで一杯です。

茨城の心友には、飛んで来てくれるのがわかっていたので、伝えませんでした。

ごめんね。


父は、糖尿病、胆嚢癌、舌癌、アルツハイマーを併発しているにも関わらず、

ちょっと痛いけど大丈夫と、ただの一言も不平不満、愚痴、泣き言を誰に発する事もなく、

ほとんどしゃべれない舌の痛みを我慢し、寝たまま無言でいつも母に寄り添っていた父。

介護士さんや私や弟には、ありがとうという感謝の言葉しか言わなかった父。

我慢強かったね。よく頑張ったね。偉かったね。


そんな父を誇りに思います。


私は父に対して、後悔は何一つありません。

母が交通事故で老人ホームに入ってから一人暮らしをしていた父。

同居をしなかった私。

せっせと一日おきに母のホームに行っていた父。

父の趣味は母でした。


私は父には何も出来ませんでしたけれど、後悔はひとつもありません。

なぜなら、もう一度、時間を過去に戻しても、私には同じ事しか出来ないからです。


いつでもどんな時でも、頑固な私は自分の人生を、自分で決めて生きています。

誰に何を言われても、変わらない。

だから、あの頃に戻りたいとか、人生に悔いを残す事はないと思います。

自分で決めた事ですからね。


今、父に伝えたいこと、ずっと心で祈っている事は、ひとつだけ。

母の事は私と弟が見守って行くから、この世に執着せず、

光の方へ行って下さい。


いずれ早かれ遅かれ母もそちらに行きます。

その時、光輝いて迎えてあげて下さい。


よく頑張ったね。

お父さん。

もう痛みがなくなって、楽になって良かったね!

見守ってくれた事に感謝しています。



permalink * comments(4) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ